グラフィックバルーン

GRAPHIC BALLOON

グラフィックバルーン

従来のバルーン製造では、形状ができあがった後にエアブラシなどによる塗装や、カッティングシート等の貼り付けが行われてきました。BRAVOではこの製作方式を一から見直し、より正確かつ効果的なグラフィックを表現するためにバルーンの全面印刷技術「グラフィックバルーン」を開発しました。
グラフィックバルーンでは生地に印刷してから縫製を行います。この技術により、より忠実な色の表現が可能になり、オンデマンドの製作から量産物に至るまで高いクオリティのバルーン製品をご提供いたします。 また3Dスキャンを行い、そのデータを基にしたバルーンの立体造形、写真印刷等の表現も可能です。巨大造形物での印刷表現、内照式バルーンの塗装による色むら・カッティングでの影写り等の問題もありません。グラフィックバルーン技術で、よりお客様のイメージをカタチにすることが可能です。

グラフィックバルーンの特徴

リアル

グラフィックや写真、グラデーション等を忠実に再現

耐久性

紫外線・温度による変色を起こしにくい優れた耐候性

量産性

バックアップ用など同じクオリティのものが量産可能

短納期

3Dモデリングと生地印刷で塗装より工程を大幅に短縮

1 データ作成

イメージデータをお預かりし、製造サイズをご指定頂きます。(イラストレーターによるデータ入稿をお願いしております。)

2 データ確認

正確な3Dモデリングデータを作成します。メールにて形状、印刷サンプルにて色をご確認頂きます。

3 印刷

膨張などを計算し、3Dモデリングデータから裁断用データに展開します。そのデータでパーツごとに生地印刷を行います。

4 裁断・縫製

印刷した生地を裁断した後、それらを縫製し、弊社独自の特殊技法にて極力、印刷面にかすり傷がつかないように配慮します。

5 完成・量産

縫製完了後、エアーを入れてクオリティ及び形状に不具合がないかをチェックし、修正・完成となります。